スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地球は回る、世界は動く

2012年01月01日 20:12

あけましておめでとうございます。

1月1日、最初の感想は、新美南吉の「おじいさんのランプ」です(リンク先は青空文庫です)。

これは童話です。
物語の舞台は日露戦争の頃、ということは今から100年くらい前でしょうか。かくれんぼをしていた主人公の東一君が倉から見つけてきた古いランプをきっかけに、巳之助おじいさんの昔話を聞くことになる、という筋立てです。

みなしごだった巳之助は少年の頃に町で、「花のように明るい」ランプに出会います。
村で行燈しか見たことのない巳之助はランプという言葉さえ知らなかったけれども、これを切っ掛けとしてランプ屋になることを決意します。

ランプとともに文明開化という言葉の意味を実感しながら、いつしか巳之助少年は青年へと変わります。
結婚し、ランプの下で夜に新聞を広げてみたことを切っ掛けに文字を学び、やがて書物も読むようになり、そして――

「生きる上で矜持を持つこと」、「変化を受け入れ一歩踏み出すこと」。
そして、「点と点がつながるということ」。
多くの自己啓発書や感動的なスピーチの中で繰り返されてきたテーマを、僕は受け取りました。

昨年、多くの人が自らのロールモデルとしたであろうスティーブ・ジョブズ。彼が2005年にスタンフォード大学卒業生に贈ったスピーチと、「おじいさんのランプ」は自分にとって地続きだった――この驚きこそが、一年の計を立てるに相応しい新年に取り上げたくなった理由です。

巳之助が生きた時代と同様に、今も地球は回り世界は動いています。
一休禅師の「正月は冥途の旅の一里塚」の言葉を待つまでもなく、新しい年と共に僕らは老いていきます。
巳之助が体験したことは、誰の身にも程度の差こそあれ必ず訪れると思うのです。

願わくば僕は、その時「自分とってのランプ」に対して自覚的でありたいです。

 * * * * * * *

さて、ここからは蛇足です。

10日ほど前に、紙の本を私的に電子書籍化する「自炊」を請け負うサービスを著作権法違反として作家7人が代行業者に自炊行為の差し止めを求める訴えを起こした、というニュースがありました。

ネット上でもかなり話題になり、作家たちの訴えに対し批判的な内容が多かったと記憶しています。僕自身、この訴訟に批判的だったので、そのような論調を無意識に選択していたのかもしれません。

僕は今日、おじいさんのランプを再読して思いました。
巳之助が今の時代に生きていたらどう行動しただろうか、と。

彼がランプ屋の後に選んだ職業を、あなたは覚えていますか。
スポンサーサイト

どうやらおとなは中三かららしい

2012年01月10日 22:30

読書のジャンルは雑食の自分ですが、中でも好きなジャンルの一つが「児童文学」です。
お気に入りを挙げていくと「トムは真夜中の庭で」や「クローディアの秘密」などの外国人作家の著作が並ぶのですが、その中で例外的に作家買いするのが岡田淳です。
岡田さんの本は、本当にどれも面白いです。

なので今回は岡田淳さんの本のレビュー
ではなくて、偕成社ウェブサイトでの岡田さんのエッセイの話です。

僕は岡田淳さんの書籍を検索していて、偕成社のウェブサイトにたどり着きました。そしてエッセイの連載をしていることを知ったのです。
以後、むさぼるようにウェブ連載を読んでます。

岡田さんが作家になった切っ掛けや、物事のとらえ方、さらに言えば「人としてのたたずまい」まで。
どの回も滋味溢れる文章です。

"考えるに年齢観というものは、自分の歳、自分達の年代を境に、がくんと色合いを変えるのではあるまいか。ボーダーラインが自分の年齢と共にあがっていく。中学生の頃、上級生がとてもおとなに見えたのに、自分がその年齢になると、たいしたものになったと思えんということがあった。中一のときは中二がおとなと思っていたが、中二になるとどうやらおとなは中三かららしいと思ったりしたものだ。"

ああ、そうだよな。自分もそうだった。
僕はそう思いながらも同時に、「どうやらおとなは中三かららしい」という書きぶりに可笑しみを感じて、つい頬が緩みます。

可笑しみ、といえば別の個所ではこんな文章もあります。

"いちばん多く貸出されたのは『女海賊の島』。タイトルがいかに大事かということがよくわかる。借りたのは圧倒的に男の子。男の子たちは何を考えてこの本を手にとったのだろう。うーむ。わかるような気もするが。"

これは小学校の図書室の話です。
ちなみに「女海賊の島」は、岡田さんの作品ではありません。このタイトルで作者がわかる人は児童小説ファンですね!

岡田淳エッセイ「図工準備室の窓から」は、既に33回を数えボリュームもたっぷりです。
ファンにとっても、作品を読んだことがない人にもお勧めです。

そして、岡田さんの作品を手に取る人が一人でも増えることを願ってます。



追記) 僕は「もぐらくん」シリーズの作者ズデネック・ミレルが昨年亡くなったことも、偕成社のウェブサイトで知りました。これも大好きなシリーズでした。
ズデネック・ミレルさんのご冥福をお祈りするとともに、お別れ会のレターを掲載してくれた偕成社に感謝します。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。