スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

絵師は安すぎる賃金で働いてはいけないを読んで考えた。

2012年01月05日 02:26

昨日から今日にかけて、togetterでのまとめ「絵師は安すぎる賃金で働いてはいけない」を興味深く読んでいました。

僕が読み終わって思い出したのは、iPhoneアプリの価格設定のことでした。
ご存知の方も多いでしょうが、iPhoneアプリには無料のものがあふれています。有料であっても数百円というものが殆どです。

僕は、金の流れの面から、こんな整理をしました。

絵師: 金を受け取る人
絵の発注者: 金を払う人

アプリ開発者: 金を受け取る人
ユーザー: 金を払う人

さて、アプリの開発者たちは、なぜ低料金や無料でリリースするのでしょうか?
既存のゲーム開発者(企業)の中には、低価格でのリリースが結果的に市場の発展を阻害する可能性について懸念を持っている人がいるにもかかわらず、です。
アプリ開発者はインディーズも含めて、実は内心この価格設定に不満を持っているのでしょうか?

わかりません。

但し、僕はアプリ開発者の一人として、こう答えるような気がします。
「今のところ不満はないです。みんなの手に渡ることを想像するのが楽しいですから」
かっこつけすぎですかね。まずいですかね。

 * * * * * * *

どうも話が脇に逸れてしまいそうなので、ここで元に戻します。
絵師さんたちのこの状況は、アプリ開発者の状況(少なくとも「今の僕」の状況)はどこが違うのでしょうか?

僕は、価格情報の非対称性の点と、行動が能動的かどうかの点だと思います。

数万円払うのが当然の成果物なのに、相手の無知を理由に数千円しか払わない。
これは、情報の非対称性の問題だと思います。
アプリを販売しているApp Storeでは自分だけ騙されることはありません。他の人がいくらで値付けしているかもわかります。これがプラットフォームのありがたさです。

絵師さんにそのようなプラットフォームが無いのであれば、すぐには問題を解消するのは難しいかもしれません。
でも、「みんながどのくらい貰っているか」について情報が蓄積されていけば、トラブルは徐々に少なくなっていくと思いますし、今回のまとめはその動きを促進する一歩になると思います。

次に行動が能動的かどうか、というのは「自分で価格を決めているかどうか」という意味で使いました。
アプリ開発者は、自分で自分の作品の値段を決めています。
自分があっさり「楽しいですから」と言えるのは、この点が大きいような気がします。

仮に絵師さんが「搾取されてる・アンフェアだ」と感じた場合は、他人の水準についてリサーチした後にでも、自分で自分の報酬水準を決めて公表してみてはいかがでしょうか。

 * * * * * * *

さて最後にですが、僕はビジュアルノベルの製作者として複数の絵師さんに仕事を依頼した経験があります。

今回のまとめの中では「カラー1枚は普通20000円は取るよ!」という記載があるのですが、僕はこれまで、この目安を下回る報酬で描いてもらってきました。

実は1枚20000円では、自分にとってビジュアルノベル作成は絶望的となります。
次も、絵師さんと一緒にビジュアルノベルを作っていきたい僕は、どうするべきでしょうか?

僕は、相手に値段を先に提示してもらえないかを尋ねると思います。
先ほど絵師さんの立場から、能動的に価格を提示する効用について書きましたが、もしそういう形で価格がわかっているのなら予算のやりくりに縛られる発注する側にとってもメリットがありますよね。

こうした一連の流れを機に絵師さんの報酬も適正なものになることを、僕も望んでます。
その結果として自分にとって予算的に「縁が無い」絵師さんが増えても、不満を持つものではありません。
限られた予算内で絵師さんとの良縁を目指して頑張るだけです。

願わくば、「相場より安くても、楽しいからやる」という絵師さんとの良縁が見つかるといいのですが。
あ、最後にこんなことを書くと全体が台無しですかね。
スポンサーサイト

気付くだけじゃ駄目だと気付いたニット帽の話

2012年01月08日 21:30

このシーズンから、休日はニットの帽子をかぶって外出することが増えました。
あったかくて快適です。今までどうしてかぶらなかったんだろうと思うほどです。

きっかけはささやかなことでした。
休日に昼下がりの電車に乗っていた時のことです。横一列で7人掛けの座席に座り、ふと前を見たら7人のうち3人がニットの帽子をかぶっていたのです。

へー、結構みんなかぶってるんだ。

その週末、僕はユニクロに寄りました。以来、ニット帽を使っていますが快適です。

 * * * * * * *

さて僕は毎日、ネットでブログ記事を読みます。

サイトを登録しておいて更新の度に訪れる先もありますし、話題の記事をはてなブックマークなどで知って読みにくことも多いです。両方合わせると一日に10件くらいでしょうか。ライフハック的なスキルだったりものの見方だったり、内容は色々ですが気付かされることが多いです。

でも、気付いた後に自分が変わったかと問われれば、答えは殆どの場合ノーです。

ニットの帽子をかぶるようになって、冬の外出の快適さが変わりました。
ではブログ記事を読んで自分が変化したことを感じるには、どうしたらいいでしょうか?

答えは誰もがわかっていると思います。
ニットの帽子を「かぶった」のと同じように、何かを「実践」すればいいのです。

そう。気付いただけじゃ駄目で、実践が大事なんですね。

 * * * * * * *

これでは当り前のことを書いただけで終わりそうなので、なぜ帽子ではうまくいったのかを、もうちょっと考えてみました。

なぜ、すぐに買ったのかと聞かれば近所のユニクロに売っていたからです。
もしニット帽を売っている店が近くになかったら、僕は探してまでは買わなかったでしょう。ネットで注文したかも疑問です。
また、値段が高かったら買わなかったでしょう。

つまり答えは、「努力なしにちょっとしたことで出来たから」というものなのです。
それでも僕が感じている快適さは大きいです。もうニット帽、手放せないって感じです。

ここで一般化して、自分なりに考えをまとめてみました。

1.なるべく自分にとって楽に出来る、ごくささやかな「実践」でいい。
2.ささやかな変化であっても、その結果手に入れるものまで小さいとは限らない。
3.むしろ、ささやかな変化でないと実践を続けることができず、結果として成果を得ることができない。

1と2は、「ちょっとこれをするだけでいいんだ。だまされたと思って試してみなよ」、の展開ですね。
でもそれだけじゃなく、「そもそも、ちょっとじゃないとダメなんだ。だってハードル高いとうまくいかないし」、的な3の要素もあるとまとめてみたわけです。

3は推論が入っています。もう少しサンプルが必要だと思います。
とうわけで、「流した汗と涙の数だけ報われる」的なキツイ等価交換に囚われることなく、3の発想でどしどし実体験していくつもりです。

その結果、一年後に自分が成長したことを実感できれば嬉しいです。

あ、もちろんこの記事はニット帽のステルスマーケティングではありませんので、念のため。

タイトルがいかに大事かがよくわかる

2012年01月11日 22:45

前回、岡田淳のエッセイの中の一文として「タイトルがいかに大事かということがよくわかる」を引用したのですが、僕もこれには強く同意です。

小説を手に取る時は、amazonのレビューよりも書店で見る書籍の帯よりも、まずタイトルですよね。

僕がタイトルの付け方を素敵だなと思う小説家は、宮本輝です。
「青が散る」
「ここに地終わり海始まる」
「ひとたびはポプラに臥す」
「優駿」
端正な美しさと興味を惹く響きとが両立しているタイトルだと思います。

沼田まほかるのタイトルの付け方も好きです。
「彼女がその名を知らない鳥たち」
「九月が永遠に続けば」
「猫鳴り」
「ユリゴコロ」
何とも想像力を刺激されます。

小説家がタイトルを考えるのか、それとも編集者や出版社との共同作業なのか、僕にはわかりません。
業界の人だと、「これって新潮文庫らしいね」」とか「さすがハヤカワ」とか言ったりするのでしょうか。
興味深いです。

 * * * * * * * 

最近のラノベのタイトルはカオスだ、という話がネット上でよく出てきます。
誤解の無いよう付け加えると、僕はラノベのタイトルもあれはあれで結構楽しんでます。
そういえば、「アニメ化企画進行中!?」というタイトルが昨年末に出てました。何でもありですね。

と思って検索していたら、以前togetterで「SFタイトルをラノベ調にしてみた」まとめがありました。

「とある一つの冴えたやりかた」
「なつドア!」
「俺のアンドロイドが電気羊の夢を見るわけがない」

こういうの、いいですね。センスを感じてしまいます。
僕も「なつドア!」すごく読んでみたいです。

屋上で歌を歌う

2012年01月14日 21:21

歌を歌うなら、僕は校舎の屋上がいいです。晴れた午後、青空を背にして歌いたいです。運動部のトレーニング姿を眺めながら、思いつくまま気が向くままに歌いたいです。

毎日決まった時間に屋上に上がってもいいし、そうで無くてもいい。屋上には先客がいるかもしれないし、自分一人でもいい。昼休みだったら、歌っているうちに誰かサンドイッチを持って上がってくるかもしれない、そのぐらいの緩さがちょうど良かったりします。

歌いたくて屋上に行くのか、それとも澄んだ青空や綺麗な夕焼けが見たくて屋上に行ったら歌いたくなるのか、順序は気にしません。
雨が降っていようが行かなくてはならない、そんな義務的な気分に駆られて屋上に上がったとしても、結局歌っているうち気持ち良くなればそれでいいと思います。

歌い始めてみて分かったのですが、学校の屋上で歌う人は多いみたいです。日本中、世界中の学校の屋上の数だけ、誰かが歌っているみたいです。

屋上で歌いながら、学園祭のステージで歌う人もいます。ライブハウスで歌う人もいます。メジャーデビューする人もいます。お金を稼ぐ人もいるし、そうでない人もいます。カラオケで歌いたがる人もいれば、逆に、自分の家でしか歌わない人もいるみたいです。

僕も昔は、家のお風呂の中でしか歌いませんでした。

 * * * * * * *

ところで、あなたは歌ってますか?

どこでも

2012年01月19日 22:15

数日前、本の執筆に使える最強iPhoneテキストエディタ選手権!1位はこのアプリだ!という記事が人気になっているのを見たので、ちょっとだけ書いてみます。

僕も最近、記事を書いた人と同じようなことをしてます。
つまり、Blurtooth対応のワイヤレスキーボードとiPhoneのテキストエディタの組み合わせです。

キーボード、使っているのは5,000円くらいで買ったELECOMの充電型ですが、とにかく薄くて軽いです。
高さ10.7ミリと仕様書にありましたが、感覚的にはケースに入ったiPhoneくらいですね。マチのない紙封筒にすっぽり入ってしまいます。以前ポメラの購入も考えたことがあるのですが、このキーボードに一目惚れしてしまいました。

ワイヤレスキーボードには折り畳むタイプもありますが、僕は打鍵の力が強いようなので折り畳まない方にしました。安心してペチペチ打ってます。

テキストエディタは、Note&Shareという有料アプリを使ってます。
BluetoothキーボードOKで、Dropboxに同期していて、文字数カウントもできます。横置きで使えば僕のiPhone画面だと一行29字で7行くらい表示できるので、文章のイメージもつかみやすいです。
やっぱり文字って段落のカタマリで読みたいですよね。

テーブルがあればスターバックスでもどこでも書けますし、もともとiPhoneは立ち上がっている(笑)ので、アプリ起動の一秒未満の時間だけで、さっとスタートできます。
ついでに言えば、スマートフォン画面だとPCより小さいので、覗かれて恥ずかしい思いもすることも殆どないです。このブログ記事も半分くらいは外で打ちました。

 * * * * * * *

レビュー記事だと良い点と悪い点を両方書くのが常道です。でも僕はこの組み合わせに満足しているので、悪い点は見つからないです。なので、これはレビューではないですね。
「ねえこれ使ってる?」、的なランチの話題感覚で読んでもらえると嬉しいです。

「決断は自己責任で」ではありますが、スマートフォンをお持ちの物書きのみなさん、おススメですよ。

自慰臭

2012年01月22日 21:00

唐突ですが僕のような立ち位置、つまり

1.自分の好きな内容を、仕事の合間に時間(と金銭)を掛けて作品にし、
2.それを公開し、
3.けれどもプロジェクトとしては十分な採算が取れていない。

という状況だと、痛い言葉が幾つかあります。

例えば「お遊び」とか「道楽」とか「自慰行為」いう言葉です。
この言葉、「自分にとっても痛い」と共感する人はどれくらいるだろうかと思いながらも、文章を続けます。

こういう言葉、面と向かって言われる機会はなかなか無いのですが、ネットだと容赦なく大群になってかかってくることがあります。
僕は作品を公開するに当たって、他人から「お前のやっていることはお遊びだ、道楽だ、自慰行為だ」と言われた時のために、心の準備をしました。

ちょっと大げさですね。
でも、「一歩踏み出したくて始めたつもりなのに、十歩後退して穴の奥に押し込められた」みたいな目に合いたくなかったのです。

準備のおかげか、こういうことを他人に言われても実際のダメージは思ったより小さかったです。そういうシチュエーションに遭遇した際は、「そうかもだね」と穏やかにリアクションしてます。

 * * * * * * *

さて、痛いところを突いてくる本当の敵は、外部というよりも内なる自分かもしれません。

「自分が今やってることは自慰行為だよな。こんなものをコストを掛けて公開する意味あるのか? そんなお遊びやめちまえよ」
こんな感覚にふと、とらわれた時どうリアクションするか、という問題です。

みなさんは、こういう時どうしてますか?
内なる自分に納得してますか?

僕は、「意味の有無は今の自分には分からないけど、楽しいのでもう少しやってみるよ」、と呟いてます。
呟いた後は、早めに寝るようにしています。

 * * * * * * *

今日ネット上でたまたま他の方の作品で、「書き手の自慰臭がもの凄かった」とレビューされているものを見つけました。
有料作品でしたので、レビュアーとしては「金返せ」という気持ちなのかもしれません。

それにしても――です。

肝心の作品を読んでいないため、僕がコメントできることは限られてます。
が、何かを書きたくなったので、こんな取り留めもない文章になったわけです。

というわけで最後に、会ったことのない作者さんに向けて一言。
「自慰臭が強い作品、僕も書いてます。書くことをお互い楽しみましょう!」

追記) 勢いで書いた文章が読みにくかったので、公開後1時間後に修正しました。

スキノチカラ

2012年01月24日 01:21

唐突ですが、僕が割と好きで見ているyoutubeのチャンネルに、Michelle Phanのメイク・チュートリアルがあります。日本語のWikipediaでもページがあるくらいなので、わりと有名だと思ってます。

数年前から彼女はLancomeと契約をしていて、Lancome製品を使ったプロモーション動画のときは「美女モード」なのですが、それだけではありません。

実際は正統派のものから変装・仮装(?)まで含んでいて、Michelleさんも初音ミクになったり、ディズニー映画のヒロインになったりしてます。

30秒で忍者になれる...かも(Be a Ninja in 30 Seconds...I think)みたいな動画までもあって、わりと芸域も広いです。というかMichelleさん、好き放題です。

最初に見たときは、「この人、何やってるんだろうなあ」くらいの気持ちでした。

そのうち使われてる曲が気になり始めて、Late Night Alumniをチェックするようになったり、
最後に見てる人にGood Luckと告げるスタイル、自分もやってみたいなと思い始めたり、
セーラームーンのメイクの回でのメッセージにちょっと感激して見たり。

どうやら、自分は色々と影響を受けてるらしいです。

 * * * * * * *

ところで彼女の動画、どのくらい再生されているかご存知ですか?

Youtubeにアップロードされたものだけでも、再生回数は世界中でのべ5億回以上なんです。

一般人として投稿を始めて、5億回。
好きなことを公開する力って、大きなものになれるんですね。

スキノチカラ2

2012年01月24日 23:53

ここ数日、作品を公開することについて考えてました。

作品を公開する。
これによる最大の報酬は、ポジティブな感想を貰えることです。断言できます。

2日前のブログで、自分には痛い言葉がある、と書きました。
でも、幾らネガティブな感想の言葉に傷つこうとも、ポジティブな感想による幸せがそれによって損なわれることはありません。不思議な真実です。

そして昨日のブログでは、好きなことを公開すると大きな力を生む、と書きました。
今日その言葉に付け加えるならば、好きなことを公開すると世界に対してだけではなく自分の内部にも力を生む、と思うのです。

ふとした瞬間に、自分の中に幸せが訪れることがあるのです。
例えるなら、GoogleのTell Your Worldが流れるCMを見ながらシンクロできる幸せです。

 * * * * * * *

さっき、App Storeでポジティブな感想を貰っていたことに気付きました。
今日は幸せに浸ろうと思います。

インタラクティブ

2012年01月27日 23:40

昨晩、作品を一つ書き終わりました。

1年くらい前からゆっくりと書いていたもので、長さは約27,600字。四つの掌編が繋がって一つの連作中編となる形式です。

いかがわしい俗悪さがあり、でも夢見るような透明さがある作品を目指してました。
狙い通りに出来たかどうかはさておき、取り敢えずエンドマークは打てました。

というわけで今日は、一区切り感にひたりながらぼおっとしています。

 * * * * * * *

僕の好きな言葉に、リクルートのかつての社訓であったと言われている、「自ら機会を創り出し、機会によって自らを変えよ」というものがあります。

創り出すという言葉のクリエイティブさには及びませんが、僕も一つ作品を書き終わる度に自分が少し変わったと感じます。作品と自分は、ほんの少しだけ相互作用的、というかインタラクティブな関係です。

つまり作品を書いた後は、書く前の自分じゃなくなるのです。わずか1ミリ、わずか1グラムかもしれませんが、違いは違いです。そういう意味では、「自ら作品を創り出し、作品によって自らを変え」ていると言えます。

別に高尚なことをしてるわけではなく、結果的にそうなってしまうだけですが。

 * * * * * * *

自分のした行為で自分が変わる。

これは不思議なことだと思いますか? それとも当たり前だと思いますか?
あなたには経験ありませんか?

App StoreでのDL数、そして「もの書き」としての感謝

2012年04月15日 22:56

App Storeで無料のビジュアルノベルを公開すると、どのくらいDL数があるんだろうか?

僕はこういうデータに興味があったけれど、他人が公開しているデータは見つけることが出来なかった。
なので今回、自分の分を公開してみようと思う。
(Appleとの販売規約の中で、公開に規制がかかっていなければいいのだけれど)

データに使うのはCandy boxという自作の短編ビジュアルノベルにした。
特徴を上げればこんな感じだ。

・無料
・17歳以上対象(性的コンテンツを含むため)
・日本語
・2012年1月8日世界公開(*)
*App Store上は2012年1月10日リリースと表示されているけれど、何故か1月8日からDL出来た。


さて、結論から言おう。
1月8日~4月7日までの3か月間、Candy boxの総DL数は3,852件だった。

3か月の間にも3つの波があったので、少し細かく書いてみたい。
(下記のデータで日付の横にある数字がDL数だ)

1.リリース直後

最初の波は当然ながら、リリース直後。
各種アプリ紹介サイトさんが(おそらく自動的に)新規公開アプリとして宣伝してくれたことにより、瞬間的にDL数が急上昇した。
そして、あっという間に無数のアプリの中に埋もれて、DL数は一桁となった。

2012/1/8 日 13
2012/1/9 月 92
2012/1/10 火 659
2012/1/11 水 295
2012/1/12 木 86
2012/1/13 金 49
2012/1/14 土 103
2012/1/15 日 52
2012/1/16 月 17
2012/1/17 火 16
2012/1/18 水 13
2012/1/19 木 7
2012/1/20 金 10
2012/1/21 土 7

2.PCレビューサイトでの紹介

次の波は、PCレビューサイトさんでの内容紹介だった。
2月27日にサニーガールさん、3月1日に久住女中本舗さんがレビューを書いてくれたおかげでDL数がアップしたのだと思う。

2012/2/28 火 8
2012/2/29 水 61
2012/3/1 木 22
2012/3/2 金 37
2012/3/3 土 36
2012/3/4 日 41
2012/3/5 月 22
2012/3/6 火 16
2012/3/7 水 26
2012/3/8 木 33
2012/3/9 金 10
2012/3/10 土 25
2012/3/11 日 26
2012/3/12 月 10

3.Appレビューサイトでの紹介

おそらくアプリ紹介サイトとして日本(世界?)最大のAppbankさん。
ここで3月26日に紹介してもらったことで、DL数は跳ね上がった。

2012/3/25 日 10
2012/3/26 月 363
2012/3/27 火 464
2012/3/28 水 306
2012/3/29 木 156
2012/3/30 金 82
2012/3/31 土 111
2012/4/1 日 53
2012/4/2 月 33
2012/4/3 火 50
2012/4/4 水 43
2012/4/5 木 26
2012/4/6 金 30
2012/4/7 土 38

もちろん、ここに書いた以外にも要因はある。
感激するような長文レビューをネット上にアップしてくれた方もいたし、App Storeで高評価を付けてくれた方もいた。その一つ一つがDL数アップに繋がったことは確かだ。
この場を借りてお礼を言いたい。

本当にありがとうございます。

* * * * * * *


さて、同人ゲーム界隈にいる人であればこのDL数、「なんだ、無料でこれだけなのか。少ないな」と感じるかもしれない。
僕自身、このDL数は他のサークルさんより少ないだろうと想像してる。

けれど同時に僕は、この千単位のDL数にしみじみ感激もしている。

僕はもの書きだ。
もの書きにとって紙の本を出すのは、ハードルが高い。
そして、仮にそのハードルをクリアして出版しても初版は通常、よくて数千部のはずだ。

ちょっと古いデータだけど、ベストセラーの初版について以下のリンクを見てほしい。
ベストセラーの初版部数
大作家や有名人でも、初版数千部、というのは十分ありうるわけだ。

極めて低コストに抑えることが可能な電子出版の世界だからこそ、無料とする決断ができ、その結果、大手出版社での初版部数と変わらぬ数だけ他人の手に届いている――
そして今日も、その数が着実に増えている――

僕はこの環境をくれたApp Store、絵師さん、そして素材提供者さん達に心から感謝している。


最新記事


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。