FC2ブログ

スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

15.無料化セール

2012年01月25日 22:57

App Storeで自作アプリのダウンロード数を上げる。

この目的のために3つの策を取り入れ、lite版作成、内容の修正、英語版着手という対応をした。レビューサイトへの採り上げ依頼も続けた。ついでに言えば、マーケティングの本も2冊読んでみた。
マーケティングの本は、これはこれで非常に面白かったけれど、効果があったかよくわからない。

こんな風に色々試した中で一番効き目があったのは、期間限定の無料化セールだった。
これは過去に二度試して二度とも結果が出た、パワフルな手法だ。

やり方は簡単。App Storeの開発者用サイト(iTunes Connect)に接続して値段設定を変えるだけだ。iTunes Connectで開始時期と終了時期の設定も出来る。商品説明欄も随時編集可能なので、いつからいつまでの無料セールをするか表示することもできる。

期間限定の無料化が、何ダウンロード数増加に効き目があるか。

第一に、「今だけのチャンス、急がなくては」とアクションを促す効果があるからだろう。
期間限定値下げする場合も同様だが、期間限定無料化の場合はさらに効果が強い。ユーザー側にDLするリスクはほぼゼロだから、少しでも気になればDLしてくれるはずだ。

第二に、ネットメディアへの露出度が一時的に急増するからだろう。
iPhoneアプリを紹介するサイトは、国内のメジャーなものだけでも数十、マイナーなものや外国のサイトも入れると数百には達すると思うけれど、そのうちの一定数のサイトが確実に採り上げてくれるからだ。

例を挙げよう。

今年1月14日から3日間、僕は「新作リリース記念」として自作アプリを無料にした。
今回は全く宣伝を行わず、ただ値段を下げて、3日間のセールをやる旨をApp Storeの自作紹介ページに追記しておいただけだった。

そして翌日、twitterで自作アプリ名で検索をした結果の一部がこれだ。

無料時1
無料時2

 * * * * * * * 

アプリのDL数は機微な情報のためか、ネット上でも公開している人はあまり見当たらない。
参考までに、セール初日2012年1月14日の僕のアプリのDL数を書いておこう。

日本語版: 1,998件
英語版: 250件
だった。

これが、誰かアプリを公開しようとする人の参考になればいいのだけれど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://waitingforyouguys2.blog53.fc2.com/tb.php/25-5ef2b480
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。