スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

19.3年3か月と16日

2012年01月30日 21:21

2008年の9月15日にブログを立ち上げてから、2012年の新年を迎えるまで。
あっという間に3年3か月と16日が経ってしまった。

石の上にも3年、なんて我慢した記憶はない。
時が経つのは早い。それだけだ。

このまま過ごしたら、3年前のことなんてあっという間に忘れてしまいそうだ。どんなことで一喜一憂していたか思い出せないだろう。これが、この「3年3か月と16日」という一連のエントリーの理由だ。
何のことはない、相変わらずの"自己愛"回想記だ。

でも、付け足しの理由かもしれないけれど、あと少しだけ。

僕は小説を書いている人がもっとビジュアルノベルを作ればいいのにと思っている。
まだ数作、しかもそのうち長編は1作だけの僕が言うのもおこがましいかもしれない。余計なお世話かもしれない。
でもこのジャンルは、本当にもの書きと相性がいい。

自分の作品がビジュアルに立ち上がっていくのは何より楽しいし、やろうと思えば世界といきなり真剣勝負も出来る舞台だ。

お金は少しあった方がいい。でもPCさえあれば、それ以外は工夫すればなんとかなる。
仲間も、いればそれにこしたことはない。けれど後から探すこともできる。

だから――

 * * * * * * *

この「3年3か月と16日」の一連の記事は、失敗と試行錯誤の記録だ。多少はハウツー的な色彩も付けたものの、僕の記事が技術論的な面から役に立つとは思えない。
それは間違いない。

また、サイトのアクセス数や作品のDL数だけ見ても、一桁大きな数を集めている人たちは幾らでもいる。もっとスマートなやり方を学べる記事はあるだろう。

僕は、失敗と試行錯誤の後に季節外れの淡雪のように舞い降りる幸せな出来事――誰かから受けた親切だったり、作品への好意的なレビューだったり――その感覚を僅かでも伝えたくて書いた。

ネット上で作品を公開したことがある人なら、この幸せをわかってくれるはずだから。

 * * * * * * *

季節外れの淡雪。なんともベタな小説的表現になってしまった。
まあ、そのあたりのベタさ加減は許して欲しい。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://waitingforyouguys2.blog53.fc2.com/tb.php/30-84eae790
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。