スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

App StoreでのDL数、そして「もの書き」としての感謝

2012年04月15日 22:56

App Storeで無料のビジュアルノベルを公開すると、どのくらいDL数があるんだろうか?

僕はこういうデータに興味があったけれど、他人が公開しているデータは見つけることが出来なかった。
なので今回、自分の分を公開してみようと思う。
(Appleとの販売規約の中で、公開に規制がかかっていなければいいのだけれど)

データに使うのはCandy boxという自作の短編ビジュアルノベルにした。
特徴を上げればこんな感じだ。

・無料
・17歳以上対象(性的コンテンツを含むため)
・日本語
・2012年1月8日世界公開(*)
*App Store上は2012年1月10日リリースと表示されているけれど、何故か1月8日からDL出来た。


さて、結論から言おう。
1月8日~4月7日までの3か月間、Candy boxの総DL数は3,852件だった。

3か月の間にも3つの波があったので、少し細かく書いてみたい。
(下記のデータで日付の横にある数字がDL数だ)

1.リリース直後

最初の波は当然ながら、リリース直後。
各種アプリ紹介サイトさんが(おそらく自動的に)新規公開アプリとして宣伝してくれたことにより、瞬間的にDL数が急上昇した。
そして、あっという間に無数のアプリの中に埋もれて、DL数は一桁となった。

2012/1/8 日 13
2012/1/9 月 92
2012/1/10 火 659
2012/1/11 水 295
2012/1/12 木 86
2012/1/13 金 49
2012/1/14 土 103
2012/1/15 日 52
2012/1/16 月 17
2012/1/17 火 16
2012/1/18 水 13
2012/1/19 木 7
2012/1/20 金 10
2012/1/21 土 7

2.PCレビューサイトでの紹介

次の波は、PCレビューサイトさんでの内容紹介だった。
2月27日にサニーガールさん、3月1日に久住女中本舗さんがレビューを書いてくれたおかげでDL数がアップしたのだと思う。

2012/2/28 火 8
2012/2/29 水 61
2012/3/1 木 22
2012/3/2 金 37
2012/3/3 土 36
2012/3/4 日 41
2012/3/5 月 22
2012/3/6 火 16
2012/3/7 水 26
2012/3/8 木 33
2012/3/9 金 10
2012/3/10 土 25
2012/3/11 日 26
2012/3/12 月 10

3.Appレビューサイトでの紹介

おそらくアプリ紹介サイトとして日本(世界?)最大のAppbankさん。
ここで3月26日に紹介してもらったことで、DL数は跳ね上がった。

2012/3/25 日 10
2012/3/26 月 363
2012/3/27 火 464
2012/3/28 水 306
2012/3/29 木 156
2012/3/30 金 82
2012/3/31 土 111
2012/4/1 日 53
2012/4/2 月 33
2012/4/3 火 50
2012/4/4 水 43
2012/4/5 木 26
2012/4/6 金 30
2012/4/7 土 38

もちろん、ここに書いた以外にも要因はある。
感激するような長文レビューをネット上にアップしてくれた方もいたし、App Storeで高評価を付けてくれた方もいた。その一つ一つがDL数アップに繋がったことは確かだ。
この場を借りてお礼を言いたい。

本当にありがとうございます。

* * * * * * *


さて、同人ゲーム界隈にいる人であればこのDL数、「なんだ、無料でこれだけなのか。少ないな」と感じるかもしれない。
僕自身、このDL数は他のサークルさんより少ないだろうと想像してる。

けれど同時に僕は、この千単位のDL数にしみじみ感激もしている。

僕はもの書きだ。
もの書きにとって紙の本を出すのは、ハードルが高い。
そして、仮にそのハードルをクリアして出版しても初版は通常、よくて数千部のはずだ。

ちょっと古いデータだけど、ベストセラーの初版について以下のリンクを見てほしい。
ベストセラーの初版部数
大作家や有名人でも、初版数千部、というのは十分ありうるわけだ。

極めて低コストに抑えることが可能な電子出版の世界だからこそ、無料とする決断ができ、その結果、大手出版社での初版部数と変わらぬ数だけ他人の手に届いている――
そして今日も、その数が着実に増えている――

僕はこの環境をくれたApp Store、絵師さん、そして素材提供者さん達に心から感謝している。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://waitingforyouguys2.blog53.fc2.com/tb.php/57-3b5e9dbf
    この記事へのトラックバック

    まとめteみた.【App StoreでのDL数、そして「もの書き」としての感謝】

    AppStoreで無料のビジュアルノベルを公開すると、どのくらいDL数があるんだろうか?僕はこういうデータに興味があったけれど、他人が公開しているデータは見つけることが出来なかった



    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。