スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気付くだけじゃ駄目だと気付いたニット帽の話

2012年01月08日 21:30

このシーズンから、休日はニットの帽子をかぶって外出することが増えました。
あったかくて快適です。今までどうしてかぶらなかったんだろうと思うほどです。

きっかけはささやかなことでした。
休日に昼下がりの電車に乗っていた時のことです。横一列で7人掛けの座席に座り、ふと前を見たら7人のうち3人がニットの帽子をかぶっていたのです。

へー、結構みんなかぶってるんだ。

その週末、僕はユニクロに寄りました。以来、ニット帽を使っていますが快適です。

 * * * * * * *

さて僕は毎日、ネットでブログ記事を読みます。

サイトを登録しておいて更新の度に訪れる先もありますし、話題の記事をはてなブックマークなどで知って読みにくことも多いです。両方合わせると一日に10件くらいでしょうか。ライフハック的なスキルだったりものの見方だったり、内容は色々ですが気付かされることが多いです。

でも、気付いた後に自分が変わったかと問われれば、答えは殆どの場合ノーです。

ニットの帽子をかぶるようになって、冬の外出の快適さが変わりました。
ではブログ記事を読んで自分が変化したことを感じるには、どうしたらいいでしょうか?

答えは誰もがわかっていると思います。
ニットの帽子を「かぶった」のと同じように、何かを「実践」すればいいのです。

そう。気付いただけじゃ駄目で、実践が大事なんですね。

 * * * * * * *

これでは当り前のことを書いただけで終わりそうなので、なぜ帽子ではうまくいったのかを、もうちょっと考えてみました。

なぜ、すぐに買ったのかと聞かれば近所のユニクロに売っていたからです。
もしニット帽を売っている店が近くになかったら、僕は探してまでは買わなかったでしょう。ネットで注文したかも疑問です。
また、値段が高かったら買わなかったでしょう。

つまり答えは、「努力なしにちょっとしたことで出来たから」というものなのです。
それでも僕が感じている快適さは大きいです。もうニット帽、手放せないって感じです。

ここで一般化して、自分なりに考えをまとめてみました。

1.なるべく自分にとって楽に出来る、ごくささやかな「実践」でいい。
2.ささやかな変化であっても、その結果手に入れるものまで小さいとは限らない。
3.むしろ、ささやかな変化でないと実践を続けることができず、結果として成果を得ることができない。

1と2は、「ちょっとこれをするだけでいいんだ。だまされたと思って試してみなよ」、の展開ですね。
でもそれだけじゃなく、「そもそも、ちょっとじゃないとダメなんだ。だってハードル高いとうまくいかないし」、的な3の要素もあるとまとめてみたわけです。

3は推論が入っています。もう少しサンプルが必要だと思います。
とうわけで、「流した汗と涙の数だけ報われる」的なキツイ等価交換に囚われることなく、3の発想でどしどし実体験していくつもりです。

その結果、一年後に自分が成長したことを実感できれば嬉しいです。

あ、もちろんこの記事はニット帽のステルスマーケティングではありませんので、念のため。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://waitingforyouguys2.blog53.fc2.com/tb.php/8-c8368dd8
    この記事へのトラックバック


    最新記事


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。